Home > Contact > Company

Company

Global Contents Creator & Distributor

company photo

KBSMedia is creating a better world,
linking people to people,
today to tomorrow, and networks to networks.
KBS Media Co., Ltd. 8F KBS Media Center, 1652 Sangam-dong, Mapo-gu,
Seoul 120-270 South Korea

English

Korea's Biggest Global Contents Distribution Company

KBSMedia was founded in 1991 and has been actively licensing international and domestic rights of contents, distributing VOD contents, importing and dubbing foreign programs and carrying on various other businesses related to contents. KBS Media is and continues to be the company representing Korea's content industry.

The Core of Korean Wave

KBSMedia exported Korean drama to Japanese public broadcaster NHK in 2003, first in Korean drama history, contributing to the expansion of Korean Wave in Asia. Since then, through global contents markets, KBS media expanded its market to Europe, Middle East, Latin America and Africa, to become the leading central force of Korean Wave phenomenon.

Leap & Growth through Reinforcing New Media

KBSMedia's merger with KBS Internet in July, 2011 has enabled our company to expand its distribution network to New Media platforms such as PC, IPTV, Smart TV, and mobile devices. Consolidation of online and offline distribution is creating synergy and increasing profit to the company and enables KBS media' to be unrivaled in contents distribution.

Chinese

国内最大的全球性内容流通专门企业

KBS Media 成立于1991年,从事于广播节目国内外版权销售、VOD 流通, 海外节目进口及配音制作等广播内容有关事业, 作为韩国代表性广播内容版权流通公司,有着坚定不移地力量。

是引领韩流的大韩民国内容的中心

KBS Media于2003年将 <冬季恋歌>在韩国电视剧历史上率先出口到日本公营电视台,即NHK,对韩流的铺开做出了一定的贡献。从此之后, 通过国际内容市场将韩国的优秀广播内容向中东及中南美,非洲等地区推广,扩大市场,成之为引领韩流的中心企业。

通过加强新媒体力量而跳跃和成长

KBS Media 于 2011年 7月同 KBS Internet进行合并,将内容版权流通推广到新媒体平台(PC, IPTV, SMART TV, 移动等),企业力量变得更为强化。 KBS Media合并的亮相以线上线下(onㆍoff line)内容版权供应与需求方面引起了协同效应,会带来销售额的增加,并在内容版权流通领域占独一无二的地位。

Japanese

国内最大のグローバルコンテンツ流通専門企業

KBSメディアは1991年の設立以来、国内外に向けた放送プログラムの版権の販売、VOD流通、海外プログラムの輸入及び吹き替え制作など、 放送コンテンツに関するさまざまな事業を行い、韓国の代表的な放送コンテンツ流通会社としてその力量を誇っています。

韓流を導く大韓民国コンテンツの中心

KBSメディアは2003年、韓国ドラマ史上初めて<冬のソナタ>を日本の公共放送であるNHKに輸出し、韓流の普及に寄与しました。 以後グローバルコンテンツマーケットを通じて、韓国の優れた放送コンテンツの輸出地域を中東及び中南米、アフリカ地域まで拡張し、 韓流を導く中心企業として成長し続けています。

ニューメディア力強化による跳躍と成長

KBSメディアは2011年7月、KBSインターネットとの合併を通じて、コンテンツ流通ネットワークをニューメディア・プラットホーム(PC、IPTV、スマートTV、モバイルなど) まで広げ、事業力をより強化しました。統合したKBSメディアは、オン・オフラインコンテンツの供給と需要のシナジー効果により、 売り上げの増大及びコンテンツ流通領域における独歩的な地位を確立していくでしょう。